ウェブページ

無料ブログはココログ

« 磁器と陶器 | トップページ

16センチ、10センチ、フルレンジ陶器製スピーカ

16センチフルレンジスピーカ

Img_1726_r

Img_1561_r

10センチフルレンジスピーカ

Img_1722_r

最初は10㎝フルレンジスピーカから始まったスピーカボックスの開発当初から、どうしてもボックスの構造は陶板を接着剤やネジで締め付けての組み立では納得がいかない。すべて無垢で一体構造で出来ていることに意味があることにこだわり、この構造の無垢で陶器の成形をすることの難しさを冶具の開発で乗り越え、ボックス内部はドーム状とし内部面での反射を無くし定在波による悪影響を無くすことも構造とデザインを考える上で重要なことでした。   

陶器は成形時より素焼きで約8%、本焼きで約8%、全体が縮小をします。

その為、最終的に必要とする製品の大きさから縮小分を考えた大きさで成形をする必要があります。

更には、スピーカユニットの取り付け穴位置も縮小する事を計算して本焼きが終わった時に本来の寸法と穴位置が出るように補正をかけた成形をする必要があります。

一般的に焼き物でここまでの精度を求めることはあまりありませんが、スピーカであるが故の難しさがありました。

完成後、オーディオフアンの方やメーカー関係の方に試聴をしていただいた共通のご意見としては、「染みのない澄んだ音と、歯切れのいい音がする」との評価をいただいております。

音楽のジャンル的には、ジャスとボーカルが向いているといったご意見が多いいようです。

我々は、この一連の、陶器製のスピーカ、バッフル板、インシュレータに「陶音」というキーワードを命名しました。今までにない土物である陶器からでる音の世界を提供し、新しい音の世界を提案したいと思っております。

« 磁器と陶器 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16センチ、10センチ、フルレンジ陶器製スピーカ:

« 磁器と陶器 | トップページ